浮気調査にかかる平均期間は何日?期間に差が出る理由と短縮するコツ

投稿日:

浮気調査の期間はどのくらい?
何日間の浮気調査を依頼すべき?
できるだけ浮気調査期間を短くする方法は?

浮気調査の期間について、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

今回の記事では、浮気調査にかかる平均的な期間と、調査期間が長引いてしまうケースについて、そして、できるだけ調査期間を短縮するためのコツなどをご説明します。

浮気調査を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

浮気調査完了までの平均期間は1週間~1か月|期間にばらつきが出てしまう理由

浮気調査を依頼してから調査報告書を受け取るまでの平均期間は、1週間~1か月といったところでしょう。なぜこんなにもばらつきが出てしまうのでしょうか。その理由を詳しく見ていきましょう。

証拠入手の難易度が状況によって異なるから

当然ですが、浮気の状況は人によって様々です。しょっちゅう浮気相手と会っている人もいれば、浮気相手とは遠距離であまり会わないという人もいるでしょう。

また、警戒心が妙に強くなかなか決定的な瞬間をとらえるのが難しいケースもあります。このように、その人の状況が浮気調査期間に大きく関わってくるのです。

サチコ
証拠がすぐに入手できる状況なら浮気調査期間も短くなります!事前に多くの情報を入手しておき、探偵に伝えるようにしましょう。

下見調査が必要になる場合があるから

事前にデート場所や密会場所がわかっている場合は、より確実に証拠を抑えるために下見調査()を行うことがあり、当然その分の浮気調査期間が延びることになります。

ポイント

)下見調査=予備調査と呼ぶこともあります。主に以下のポイントをチェックします。

  • どこで張り込みをするか
  • どんな服装がマッチするか
  • ターゲットの車が駐車してある場所はどこか など
サチコ
尾行するにしても、何のデータもないターゲットと行動パターンを把握できているターゲットでは、浮気調査の質も成功率も雲泥の差です!

浮気の証拠が複数必要になる場合があるから

依頼者がなんのために浮気調査をするのかによって、浮気の証拠が複数必要になる場合があります。

例えば「浮気しているかどうか、真実だけ知りたい」という場合は、複数の証拠は必要ないので短期間で終わりますが、「慰謝料請求をしたいから裁判で使える証拠が欲しい」という場合は複数の証拠が必要になります。

当然、複数の証拠を抑えるためには複数回調査を重ねる必要がありますので、浮気調査期間は長くなります。

サチコ
複数の浮気の証拠が必要になるのかどうか、またそれによってより正確な期間を知りたい場合は、探偵事務所に無料相談するのがよいでしょう。

浮気調査を依頼するならココ!
おすすめの探偵事務所5選

 

1回あたりの調査時間と調査完了までの調査回数

浮気調査期間の平均は1週間~1か月とご説明しましたが、その期間中、探偵は毎日、1日中調査するのでしょうか。

答えはNOです。

それでは浮気調査期間中、どのくらいの頻度で、1回あたりどのくらいの時間調査するのでしょう。詳しく解説します。

1回の浮気調査の平均時間

1回の浮気調査で6時間~8時間費やすのが一般的です。浮気調査は浮気現場の証拠を抑えるのが目的ですから、もし浮気相手と会ってもすぐに解散したり、ラブホテルに行く様子がまったく見られなかったりする場合は、調査時間を短縮して早めに切り上げる場合もあります。

一方で、長引く場合もあります。例えば、ターゲットと浮気相手がラブホテルに入った場合は、2人がラブホテルから出てくるまで張り込みを続けなければなりません。

ラブホテルに入ったところだけでなく、どのくらい滞在したのかがわかるようにラブホテルから出てくるところも証拠として抑える必要があるのです。

浮気調査回数の平均

浮気調査期間中の平均調査回数は3回~5回といったところでしょう。ターゲットが浮気相手と会う時に調査をしなければ意味が無いので、1週間に1~2回浮気相手とデートすることを想定すると、調査期間中の回数は3~5回程度になります。ただし、もちろん個人差があります。

 

浮気調査期間が長くなるケース

では、平均に比べて調査期間が長引いてしまうケースについて解説します。これを知っておけば、浮気調査期間が長引くのを防げるかもしれません。

浮気する頻度が低いケース

頻繁に浮気している人であれば、すぐに証拠を抑えられる確率が増えますが、浮気の頻度が低いターゲットの場合は調査が長引く可能性が高いです。

事前情報が少ないケース

「なんとなく浮気している気がする」「最近、ちょっと様子がおかしいから調査したい」など、浮気に関する情報があいまいで少ない場合も調査が長引く可能性が高くなります。

いつ、どこで、誰と、浮気しているかがだいたいわかっていれば、その日その場所に合わせて調査ができますが、事前情報が少ないと、手がかりをつかむところから始まりますので、調査が長引いてしまうのです。

警戒心が強いケース

浮気を疑われている自覚がある、以前に浮気調査をされた経験がある、などの理由からターゲットの警戒心が強い場合も、なかなか証拠を掴む機会に恵まれないので、調査が長引いてしまう可能性が高くなります。

浮気調査をするとなったら、ターゲットに警戒されないようにいつも通りに過ごすことが大切ですね。

 

浮気調査期間を短縮するためのコツ

浮気調査はできるだけ早く結果が知りたいですよね。ここでは、浮気調査期間を短縮するためのコツをご紹介します。

怪しい曜日だけ調査してもらう

浮気相手とよく会っていそうな曜日が事前にわかっていれば、その曜日に狙いを定めて調査してもらいましょう。調査日数を短縮することにつながります。

ポイント

浮気がアヤシイと思ったら、日記をつけてターゲットの行動パターンを把握してみましょう。そうすることで、浮気相手と会う日にちに規則性があることがわかるかもしれません。

連休明けの平日はよく会っている、月末の金曜日は必ず会っている、など、浮気しそうな日を調査依頼前に前もって検討をつけておくことで、スピーディに浮気の証拠をつかめるでしょう。

長期休みを狙って調査してもらう

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始、シルバーウィークなど、長期の休みは浮気が起こりやすいです。このタイミングを狙って調査してもらうのも、期間短縮のコツの一つですよ。

【関連記事】【2019年】ゴールデンウィークの不倫(浮気)に注意!不倫急増の理由と見破る方法

イベントデーに調査してもらう

クリスマスやバレンタイン、ターゲットの誕生日など、イベントデーには浮気相手に会う確率が飛躍的に上がります。イベントの当日だけでなく、その前後の日程も含めて調査をすると狙いはずれのリスクも減るでしょう。

腕がいい優良探偵に依頼する

浮気調査を得意としている腕のいい探偵に依頼することが、調査期間短縮の何よりのコツと言えるでしょう。とはいえ残念ながら、すべての探偵が高い調査スキルを持っているわけではありません。

尾行スキルが高い、性能の良い調査機材をそろえている、その機材を使いこなせる、など、まずは複数の探偵事務所を比較したり無料相談をしたりして、浮気調査のスキルが高い探偵を見つけることが重要ですね。

浮気調査を依頼するならココ!
おすすめの探偵事務所5選

忘れがち!浮気調査期間中にすると良いこと

浮気調査を依頼した後は結果報告があるまでひたすら待つだけ、と思っている方が多いのですが、実は浮気調査期間中にすると良いことがあります。浮気調査の成功率を少しでも上げるために、実践してみましょう。

途中経過報告をしてもらう

最終的な調査報告書を受け取る前でも、途中経過を報告してもらいましょう。

  • 今現在、調査状況はどうなのか?
  • いつ、どのような調査を行ったのか?
  • 浮気をしていそうなのか? など

探偵と頻繁にコミュニケーションを取っておくことで、状況も把握しやすいですし、探偵の調査に対する意欲もさらに高められます。

自分でも手がかりを探してみる

探偵はプロですので、もちろん調査の腕は確かですが、親しい間柄だからこそ知れる情報もあるはずです。

  • ラインしている頻度から、明日くらいに浮気相手と会いそうだ
  • 今度の休みは休日出勤だと言っているから浮気相手とデートかもしれない

など、自分なりに手がかりを探してみるといいでしょう。その情報を探偵に伝えることで、浮気調査成功までの期間を短縮できるかもしれません。

 

まとめ|正確な調査期間を知りたい場合は見積もりをもらおう!

浮気調査の期間は平均1週間~1か月とお伝えしました。自分が依頼するとしたら、具体的に何日間で完了できそうなのか、正確な調査期間を知りたい方も多くいらっしゃるでしょう。その場合は、費用も含めて、無料相談を活用して探偵事務所に尋ねてみましょう。

いくつかの探偵事務所に相談してみて、それぞれ見積もりをもらうことで、短期間で費用も抑えた効率的な浮気調査ができますよ。

-浮気/不倫

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.