浮気調査を探偵に依頼するメリットデメリット

更新日:

メリットデメリットの画像

浮気調査を探偵に依頼する場合は、メリットとデメリットを明確に知っておく必要があります。費用の目安を事前に調べ、高額料金の請求を防ぐことも大切でしょう。口コミから優良な探偵社を見分けるポイントも紹介します。

探偵に依頼するメリットとデメリット

探偵に頼るのは「自分の力ではどうにもできない。」と決断したときかもしれません。依頼する前に、メリットとデメリットの両方を考慮しておきましょう。

メリット

浮気調査の場合『証拠を押さえる』のが最も重要になります。慰謝料を視野に入れた裁判では、事実を立証できる証拠が必要です。

自力での証拠集めは体力と気力、時間がかかり、相手に見つかるリスクがあります。中途半端な写真しか撮れない場合は、証拠不十分として役に立たない場合もあるでしょう。現場を目撃したショックで、修羅場化したケースも少なくありません。

プロは、遠方や暗闇でも顔を認識できる高性能のカメラや、至近距離からでも撮影ができる小型カメラ、居場所を特定できるGPSなど、多くの専門機材を駆使します。

さらに、1名ではなく数人で連携して調査をするため、対象者を見失いにくく、多くの情報が確保できるというメリットも生まれます。

デメリット

1番のデメリットは『費用がかかること』です。浮気する日が確実に分かるならば話が別ですが、証拠を押さえるまで何日も張り込みをするのが通常です。調査が難航すると追加費用も発生するでしょう。

探偵に依頼しさえすれば、必ず証拠が掴めるとは限りません。証拠が出ない理由には、対象者が注意深いか、浮気をしていない、もしくは探偵の技量の問題などが挙げられます。

探偵の技量は経験数に比例するため、依頼する段階で、依頼者側が見極める必要があるでしょう。

矛盾していますが『明確な証拠が出てショックを受けること』もデメリットの1つです。人によっては「知らなければ良かった」と後悔するかもしれません。

【関連記事】浮気調査の費用について

浮気調査を探偵に依頼した方が良い人

浮気相手に慰謝料請求したい方

浮気の証拠を押さえることで、パートナーの浮気相手に対して慰謝料請求をすることができます。

浮気の慰謝料相場は一般的には100万~300万円ほどです。浮気している期間などによっても増減します。

慰謝料の一般的な相場は,100万円~300万円の範囲内であり,浮気・不倫による不貞行為が原因で別居や離婚するか否かによって目安となる金額は異なります。

引用元:慰謝料の相場 | 浮気・不倫の慰謝料請求ならアディーレ法律事務所

これだけの慰謝料が獲得できたら、浮気調査の費用を差し引いても手元に大きなお金が残りますね。

有利に離婚を進めたい方

浮気をした方は「有責配偶者」となり、離婚する際に色々と不利になります。

離婚のシーンにおける「有責配偶者」とは、婚姻関係破たんの原因について主として責任のある配偶者のことを言います。

引用元:有責配偶者とは|離婚相談ならベリーベスト |弁護士による離婚相談ならベリーベスト法律事務所

有責配偶者に対しては、一方的に離婚請求をすることができます。また、メールなどのやり取りなどでは、浮気の証拠とはならず、有責配偶者とはなりません。

あくまでも、ラブホテルに一緒に入ったなどの「不貞な行為」を収めた写真などが証拠として必要です。

離婚したくない方

これは意外かもしれませんが、「離婚したくない」という方にも浮気調査はおすすめです。

なぜなら、浮気をした「有責配偶者」からの離婚請求は原則認められないからです。 また、浮気の証拠を押さえ、現実をパートナーに突きつけることで考えを改める可能性もあります。

結論をいえば、自ら離婚原因を作った有責配偶者からは、離婚を請求することはできないのが原則です。

引用元:有責配偶者とは|離婚相談ならベリーベスト |弁護士による離婚相談ならベリーベスト法律事務所

パートナーと離婚したくない、浮気相手と早く関係を断ち切ってほしい。という人にも浮気調査は効果的です。

まとめ

浮気調査は決して安くはないので、探偵に依頼するかどうか悩んでいる方も多いでしょう。

しかし、探偵事務所などによっては、後払いや分割払いに対応している事務所もあります。

また、基本的にはどこの事務所も無料相談などを受け付けていますので、まずは気軽に相談してみましょう。

-浮気/不倫

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.