人探し掲示板を活用するメリットと注意点|掲示板以外のおすすめ方法

投稿日:

行方不明になった友人、家族、昔の知人、初恋の人を探す方法はたくさんあります。

緊急性が高ければ探偵や警察に捜索を依頼し、そうでない場合はインターネットの掲示板を活用してみるのも良いでしょう。

この記事では、インターネットの掲示板で人探しをするメリットや注意点、そして代表的な人探し掲示板サイトもご紹介します。

 

掲示板で人探しをするメリット

インターネットの掲示板を活用して人探しをするメリットは以下のとおりです。

メリット①無料で活用できる

一番大きいメリットはやはり無料で探せるという点でしょう。「そこまで緊急性が高くないけど探せたらいいな。でもお金をかけてまで探すのはちょっと…。」という方には向いています。

メリット②匿名で書き込みができる

書き込みに、実名の入力が必須でない人探し掲示板がほとんどです。

探している人間の名前を書き込まなければならない場合も、必ずしも実名の記載を強制しているわけではありませんし、誰もそれが実名かどうか確かめることはできません。

これはある意味、探していることを知られたくないという人にとってはありがたいのではないでしょうか。

 

掲示板で人探しをする際に注意すべき4つのこと

メリットも大きいインターネットの人探し掲示板ですが、利用の際に注意すべきことがあります。4つにまとめていますので、利用する前に一度確認してみてください。

注意①個人情報の公開は慎重に行わなければならない

インターネットの掲示板は不特定多数の人間が閲覧できてしまいます。そのため、個人情報の公開を慎重に行う必要があります

不用意に名前や勤務先、以前の住所など個人を特定できる情報を書いてしまうと、探されている人物が犯罪や事件に巻き込まれてしまう恐れもありますのでくれぐれも注意するようにしてください。

注意②嘘の情報に惑わされる可能性もある

インターネットの掲示板には、匿名で多くの人がコメントできます。そのため、投稿される内容には嘘の情報が含まれていることも多いため、すべてを信じてしまうのは大変危険です。

掲示板の投稿内容は信ぴょう性が低いということを念頭に入れながら活用しなければなりません。

注意③迅速に探したい場合は向いていない

行方不明者に危険が迫っているかもしれない」「一刻も早くあの人を見つけ出したい」など、緊急性の高い人探しの場合は、掲示板での捜索方法は向いていません。

インターネットの掲示板に「この人を探しています」という書き込み自体はすぐにできるのですが、それに対する返信が必ずしもすぐに来るとは限りませんし、まして確実で有力な情報が手に入るまでどのくらい待たなければならないのか、誰にもわかりません。

注意④各掲示板にルールがある

金銭トラブルに関連する人物の人探しはNG」「法律に触れるような書き込みは一切禁止」など、各掲示板にはルールが設けられています。

誰でも無料で、しかも匿名で書き込みができる掲示板なので当然と言えば当然なのですが、掲示板内でのトラブルを防ぐためにルールが設けられていますので、それに従う必要があります。

 

代表的な人探し掲示板3つ

人探し掲示板で探すメリットや注意点を確認したところで、実際にどのような掲示板があるのか、ご紹介します。

尋ね人(たずねびと)

地域や礼金の設定ができる人探しサイトです。失踪してしまった家族や友人、昔お世話になった人を探したいという人の投稿が多く見受けられます。

シンプルなサイトの作りになっているので比較的見やすいかと思います。

尋ね人(たずねびと)

再会のためのサイト・いまどこ?青い糸、赤い糸

主に昔の友人や初恋の人を探したい人が使用しています。自分の情報を発信して相手に見つけてもらうという形式のサイトですので、相手も自分を探している可能性がある場合は非常に便利でしょう。

また、「想い出の人へのメッセージ」という項目でメッセージを発信できますので、相手への想いを書き込むことができます。

再会のためのサイト・いまどこ?青い糸、赤い糸

詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板

名前の通り、詐欺被害に遭った人たちがその犯人を捜したり、集団訴訟の呼びかけを行ったりするための掲示板です。

一応、通常の人探しもできますが、ほとんどが詐欺の犯人を見つけるための投稿なので、「失踪した家族を探したい」という方は他の掲示板を利用した方がマッチするでしょう。

詐欺被害報告and集団訴訟呼びかけ掲示板

 

無料で人探しをしたいならSNSがおすすめ

人探し掲示板は無料で使える便利なサービスではありますが、情報の信ぴょう性に欠けたり、投稿から返信が来るまで待つしかなかったりというデメリットがあります。

もし、無料で人探しをすることに主眼を置いているのであれば、掲示板よりもSNSを活用するほうがよいかと思います。ただ、その場合は、相手もそのSNSのアカウントを持っていることが大前提となります。

Facebook

世界的に利用されているSNSサービスの代表例と言ってもいいでしょう。探したい人の名前、居住地、出身校、勤務先などを検索するとヒットする可能性があります。

ただし、同姓同名の人物は世の中に多く存在しますので、ヒットしてからも本当に探している本人かどうかしっかりと確認してくださいね。

Facebook

Twitter

ちょっとしたつぶやきを気軽に投稿できることから、多くの人に愛され活用されているSNSサービスです。検索エンジンから、その人の名前やニックネームを検索してみるといいでしょう。

毎日多くの投稿がされている上に、利用者も多いので、何かの手がかりがつかめるかもしれません。

Twitter

Instagram

年々利用者が増えているインスタグラムですが、以下のように人探しにも活用することができます。

  • 関連のありそうな内容でハッシュタグをつけて探す
  • 名前、ニックネームなどで検索する
  • その人が行きそうな場所で検索する

ただ、Facebookと違って実名での登録ではないので、探し出すのは難易度が高いかもしれません。

もし探し出せたとしたら、インスタグラムの性質上、写真が必ずあるので、本人確認は容易にできるでしょう。

Instagram

 

本気で人探しをしたいならより確実な方法で!

インターネットの掲示板やSNSなど、自分で人探しをする方法についてご説明しましたが、より確実でスピーディーな方法での人探しをしたいと思っている方もいるのではないでしょうか。ここでは本気で人探しをしたい人のためにより確実な方法もご紹介したいと思います。

警察に捜索を依頼する

行方不明者の身に危険が及んでいるケースや、人命に関わる可能性があるケースなど、事件性があるような場合は警察に捜索を依頼しましょう。

ただ、「事件性がある」と警察が判断してくれない限りは、捜索願を出しても積極的には探してくれないことも多いです。

探偵に捜索を依頼する

すぐに探したい方、なんとしてでも見つけたい方などは、探偵に人探し調査を依頼することをおすすめします。警察とは違い、探偵は依頼をすればすぐに調査を進めてくれますし、探偵の調査力は警察と同じかそれ以上のレベルなので安心して任せられます。

費用は自己負担になってしまいますが、発見までのスピードを考慮すれば無駄な費用ではないかと思います。

 

まとめ

インターネットの掲示板による人探しは、手軽で無料ではありますが、確実性やスピードを考えると効率的な方法とは言い難いです

緊急性の高い場合や人命に関わる可能性がある場合などは特におすすめできない方法と言えるでしょう。やはり、より確実に探したい場合は警察や探偵への依頼をするのがベストです。

人探し調査の依頼は原一探偵事務所がおすすめ

無料相談はこちらから

-人探し

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.