旦那が浮気を認めない理由|逆ギレされずに白状させる方法

投稿日:

旦那に浮気の証拠を突き付けても、それが確実な証拠でなければ浮気を認めない場合があります。

少しでも言い逃れできる隙があれば、長期戦になるでしょう。ここでは、旦那が浮気を認めない理由と、認めさせる方法について詳しくご紹介します。

【あい探偵直通ダイアル】24時間 / 相談無料
電話アイコン 0120-321-256

旦那に浮気を認めさせる方法

旦那に浮気を認めさせることで、二度と浮気をしないよう誓わせることが可能です。

また、離婚をしたいのであれば、離婚の話を進めるために浮気の証拠は必須でしょう。

ここでは、離婚はしない方向で、浮気をやめてくれればそれでいいことを前提に、旦那に浮気を認めさせる方法を紹介していきます。

①言い逃れできない証拠を確保する

言い逃れできない証拠を確保し、提示すれば浮気を認めさせることが可能です。

例えば、女性とホテルに出入りしている写真、手をつないだりキスをしていたり明らかに浮気をしていることがわかる写真、「妻にバレないようにしないと」などと浮気を示唆するメールや音声があります。

確実な証拠を確保できなくても、複数の証拠を提示すれば浮気を認めさせられる可能性がありますが、すでにある程度の証拠を提示しているのに認めない場合は、現実には難しいでしょう。

②責めず、落ち着いて話し合う

浮気の可能性が高い場合、つい旦那を強く責めてしまいがちです。浮気をされた側としては、旦那を責める権利がありますが、謝罪の余地も与えないような形で責めると、離婚をちらつかされ、思わぬ方向に話が進む恐れがあります。

そのため、浮気の可能性が高くても強く責めず、落ち着いて話し合うことを心がけましょう。

浮気をしたことを許すかどうか以前に、旦那に選択肢を与えることが大切です。謝罪を受け、そのうえでどうしたいのかを考えましょう。

落ち着いて話し合うことが難しいと思う場合は、カフェやレストランなど第三者の視線のある場所で話し合うことをおすすめします。

言葉を荒げたり責めたりする自分を抑えられ、冷静に話し合えるでしょう。

③浮気を止めてくれたら、離婚しないことを伝える

旦那が離婚したくないと思っている場合に限りますが、浮気を止めてくれたら離婚しないと伝えるのもひとつの手段です。

「このままでは決定的な浮気の証拠を掴まれ、離婚されてしまう」ということを相手に想像させることが重要です。

離婚したくないと考えているのであれば、浮気を認めて、今後一切浮気をしないと誓ってくれるでしょう。

ただ、浮気を指摘されたくない気持ちが強い旦那の場合は、最後まで言い逃れを続ける可能性があります。

その場合は、浮気を止めないと離婚する意思が固いことを再度伝えましょう

揺さぶりをかけることで、浮気を認める可能性があります。

旦那はどうして離婚を認めないのか?

旦那は、浮気を認めないばかりか、離婚を希望されても認めない場合があります。なぜ、旦那は離婚を認めないのかご紹介します。

離婚したくないから

単純に、離婚したくない場合が多いのではないでしょうか。離婚した人には、バツイチというレッテルが貼られます。何か結婚生活に問題があったのではないか、旦那が不倫をしたのではないかと周りの人から疑われる場合もあります。

また、再婚しようにもバツイチの男性には、なかなか女性が近寄らないケースもあるため、思い通りの結果にならないでしょう。

このように、離婚は当事者の一生に影響するため、できるだけ離婚はしたくない方が多いのです。

また、離婚することを人生の汚点と考えている男性もいます。浮気をするのは自分の汚点ではなくても、それが原因で離婚することは汚点と考えているのです。

離婚をしたくないという女性の気持ちを逆手に取り、「離婚したくなければこれ以上追及するな」といい、立場を逆転させる場合もあります。

そのうえで、自分は隠れて浮気をして、離婚もされずに済むという納得できない結果になるケースもあるでしょう。

浮気をしておいて離婚をしたくないのは、全くもって身勝手なことですが、その身勝手な行動を突き通すために、浮気を頑なに認めない場合があるのも事実です。

女性側としては、そのような旦那の横暴を許さず、毅然とした態度で対応したいところでしょう。

修羅場になるのが嫌だから

浮気をしたことを認めた場合、離婚の話になり修羅場となります。また、慰謝料の請求は旦那だけではなく浮気相手にまで及び、さらなる修羅場が予想されます。

旦那にとっては、浮気相手との関係も切れるうえに離婚することになるため、離婚の方向へ話を進めたくありません。

また、場合によっては旦那と妻の両親が話し合いに参加し、責められることになるでしょう。そもそも、浮気を言い逃れしようとする性格のため、修羅場になって自分が責められるのは避けたいと考えるのは当然と言えます。

しかし、自分が浮気をして女性を悲しませるのはいいが、自分が責められてストレスを感じるのは避けたいということのため、非常に身勝手な考え方と言えるでしょう。

慰謝料を払いたくないから

浮気によって離婚することになった場合、慰謝料を請求されます。

慰謝料の支払いによって離婚後の生活が苦しくなったり貯蓄が減ったりすることを避けたいと考えている場合、離婚を頑なに拒むでしょう。

また、子供がいる場合は養育費の支払いも必要となり、旦那側に一切のメリットがありません。

さらに、親権を持つこともできず、子供にもたまにしか会えないとなれば、なんとしても離婚を避けたいと考えるでしょう。

こんなときは探偵に相談

旦那が浮気を認めない場合は、探偵に依頼して確実な証拠を掴むことも考えましょう。ただし、必ずしも探偵に依頼すれば良い結果になるとは限りません。

依頼したことにメリットを感じられず、無駄に費用をかけてしまう場合もあります。

旦那の浮気を許すのか、離婚はするのかしないのかなどを踏まえ、どのような場合に探偵に相談した方がいいのか、詳しくご紹介します。

離婚したい

再構築を望まず、離婚したいのであれば、確実な証拠を確保して強制的に離婚へと話を進めましょう

その際には、弁護士のサポートを受けることで離婚や慰謝料請求がスムーズになりますが、前提として確実な証拠が必要です。

その確実な証拠を入手することは、自分では厳しいでしょう。探偵に依頼することで、裁判になっても負ける心配がない強力な証拠を確保できます。

裁判では、旦那側も弁護士をつける可能性があり、その際に証拠が弱いと裁判に負ける恐れがあります。

そのため、確実な証拠を掴むことは非常に重要なのです。離婚したいかどうかは、自分の気持ちだけではなく、離婚後の生活や子供のことまで含めて考えましょう。

少なくとも、浮気をされたことも認められず、言い逃れされたままでは、気持ちがすっきりしません。

そのため、離婚したいかどうかが決まっていなくても、まずは確実な証拠を得ることをおすすめします。

慰謝料を払って欲しい

慰謝料を支払わせるためには、旦那側の浮気によって離婚に発展したことを認めさせなければなりません。

そのためには、浮気を認めさせる強力な証拠が必要です。最終的に離婚できたとしても、浮気を認めさせなければ慰謝料はもらえず、気持ちの整理もつかなくなるでしょう。

慰謝料は、離婚後の生活を支える費用にもなるため、確実に支払わせたいものです。また、慰謝料の額は浮気の内容や回数、浮気相手を妊娠・出産させたか、夫婦生活にどれだけの打撃を与えたのかなどが加味されます。

つまり、浮気をしたことを認めさせても、その具体的な回数や内容までの証拠がなければ、十分な慰謝料をもらえない可能性があるのです。また、浮気相手の社会的地位や資力も慰謝料額に関係しています。

社会的地位と資力が高い場合、それだけ慰謝料も高くなります。このように、妥当な慰謝料を受け取るために確実かつ多くの証拠が必要なため、探偵に依頼することが大切です。

親権が欲しい

親権は、基本的に女性側が取得できますが、子供への虐待や育児放棄、暴言や暴力、食事を与えないなど重大な問題がある場合は、旦那が親権を取得する場合があります。

このような親権を得られない事由に心当たりがなければ、基本的に親権は得られるものと思っていいでしょう。

また、不倫と親権に関しては無関係のため、確実な証拠を得たとしても、親権を取得できる確率が上がるわけでもありません。

しかし、そもそも確実な証拠がなければ離婚の申し出が退けられ、親権をどちらが取得するか以前の問題になる恐れもあるため、そのような意味では探偵に依頼して確実な証拠を掴みたいところでしょう。

浮気相手に制裁したい

浮気の事実だけではなく、浮気相手の情報を入手することで、浮気相手に慰謝料を請求できます。旦那は、浮気を認めても浮気相手の情報は一切漏らさない場合があります。

個人で調査するにしても、すでに浮気相手に関する情報を削除している可能性が高いため、浮気を問い詰める以前に証拠を確保しておくことが重要です。

浮気相手の情報まで個人で調査することは非常に困難です。旦那との密会が終わり、旦那が帰宅するまでの間に浮気相手の自宅を突き止めなければなりません。

しかも、賃貸マンションやアパートの住人の場合は、簡単に住所を変えられるため、消息が途絶える可能性もあります。

そのため、探偵に調査を依頼し、浮気相手の名前や住所まで突き止める必要があるのです。探偵に依頼すれば、最短期間で浮気相手の個人情報を入手できます。

浮気調査におすすめの探偵事務所はあい探偵

浮気調査を探偵事務所に依頼するのであれば、あい探偵をおすすめします。あい探偵は、浮気調査を専門としている探偵事務所で、質の高い調査をしてもらえます。

また、1時間あたり2,500円~と、業界でも料金が非常に安くなっています。さらに、完全成功報酬制度を導入しており、浮気の証拠を得られなければ調査料金は発生しません。

そのため、浮気していると思っていたが実際には浮気していなかった場合に、余計な費用がかからないのです。

調査範囲は全国で、旦那の出張先での調査も可能です。子供が小さいために、なかなか相談に行けない場合は、出張カウンセリングを依頼できるため、早めに依頼を検討しましょう。

調査後のアフターフォローも充実しており、顧問弁護士に法律相談もできます。離婚することを決めた際には、慰謝料請求や離婚手続きなどのアドバイスを得られ、あなたにとって良い結果になるようサポートしてくれます。

離婚するかどうかはあなた次第ですが、証拠がなければ浮気を止めさせることもできません。

まずは、浮気の証拠を確保し、それから今後のことを考えるといいでしょう。

相手が悪びれる様子もなく浮気を止める保証もない場合は離婚を考え、反省しているようであれば今回限り許すなど、条件を決めておくことが大切です。

【あい探偵直通ダイアル】24時間 / 相談無料
電話アイコン 0120-321-256

-浮気/不倫

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.