旦那(夫)が浮気を認めないのはなぜ? しらを切り続ける5つ心理

明らかに浮気しているのが明白でも旦那がしらを切り続けたり、頑なに認めなかったりするのは珍しくありません。

旦那に浮気を認めさせるには、ラブホテルに入る写真やキスをしている写真、浮気相手からの自白など、言い逃れができない証拠が必要です。

そのため、浮気をどうしても認めさせ反省させたい、浮気をやめさせたい人は探偵に依頼することをおすすめします

なぜ旦那は、浮気がバレないと思っていたり、頑なに認めないのでしょうか。

この記事では、旦那が浮気を認めない心理や逆切れする理由、認めさせる方法などについて紹介します。

【あい探偵直通ダイアル】10時~20時(土日祝を除く) / 相談無料
電話アイコン 0120-321-256

旦那が浮気を認めない5つの心理

どうして自分が浮気をしたことを認めようとしないのでしょうか?

それには、5つの理由が考えられます。

①認めて修羅場や大ごとになるのが面倒だから

浮気を認めてしまうと、まず間違いなく修羅場になります。妻と浮気相手の修羅場を何とかしなければならないのは、すべて自分のせいであってもかなり面倒くさいことです。

また、修羅場後は夫婦仲が悪くなりますし、場合によっては離婚話も出るでしょう。離婚になれば、慰謝料や親権・養育費、今後の生活費、財産の分配などの多くの手続きが必要になります。

そもそも離婚する気のなかった旦那にとっては、「面倒なことになってしまった」と思うでしょう。

離婚まで話が大きくならずとも、「少し距離を置きたい」と妻から別居を切り出されるかもしれません。「面倒なことは避けたい」「少しの浮気を大事にされたくない」という心理から、かたくなに認めようとしないのです。

②自分が悪者になりたくないから

浮気は、パートナーの信頼を裏切る行為です。どんな理由があるにせよ、浮気する人が悪いのは言うまでもありません。そのため、浮気がバレてしまえば、妻や浮気相手、お互いの家族、友人などから責められてしまうでしょう。

浮気を認めない男性の中には、「悪者になりたくない」という理由で浮気を認めない人もいます。

浮気が悪いとわかっているからこそ、自分は悪者になりたくない・責められたくないという卑怯な考えが根底にあるといえるでしょう。

③浮気をやめたくない・浮気相手との関係を悪化させたくないから

浮気がバレていても浮気相手との関係を悪化させたくない・終わらせたくないからと認めない人もいます。

このタイプの旦那は、「どちらも本気だから浮気ではない」などと浮気を正当化させるようなことを口にしたりします。

家庭も大事にしたいけれど、独身時代のような自由気ままに遊べる身分も大事にしたいというずるい考えが心の底にあるタイプです。

たとえ今回の浮気を終わらせたとしても、裏でこそこそあっていたりこりずにまた浮気を繰り返したりする可能性が高いでしょう。

④慰謝料として大金を支払いたくないから

浮気の発覚がきっかけで離婚に至る夫婦は多くいます。この場合、離婚時に慰謝料が請求されるのも珍しくありません。

浮気の慰謝料は50~300万円で、この他養育費や財産分与を請求された場合、より多くのお金の支払いが必要です。

このように大金を支払いたくない、慰謝料を請求されたくない思いから、浮気を認めない旦那もいます。

⑤認めなければ問題が解決するかもしれないと思っているから

なかには、妻がしっかり証拠もそろえて着々と別居・離婚への準備を進めているのに、それに気づかず「本気で浮気がバレていない」と思っている旦那もいます。

また、時間や謝罪によって妻が浮気のことを忘れて許してくれると本気で思っているケースもあります。

浮気後、妻がセックスしてくれなくなりました。
僕が浮気して謝り妻も許してくれて解決したはずなのですが、あれから半年ぐらいセックスがありません。
僕から誘うのですが何かと理由を付けて
避けられている気がします。
浮気前は月に2.3回はしていたので浮気がきっかけになっているとは思うのですが。
浮気相手とは体の関係だったのでそれがいけなかったんでしょうか?
女性としてはどういう心情なんですか?
わかりません。(引用:Yahoo!知恵袋)

ある意味ポジティブ思考で楽天家と言えますが、現実が見えていない・物事を自分の都合の良いように解釈しているかもしれません。

旦那が浮気をみとめず逆ギレする理由と対処法

浮気を問い詰めてみたら、夫が逆ギレしてくるケースも珍しくありません。逆ギレする理由や対処法を紹介します。

旦那が浮気を認めず逆ギレする理由とは

逆ギレとは、本来謝罪すべき場で逆に怒りをあらわにしてしまうことを言います。

逆ギレしやすい人は、心理学的に「自己愛が強い(自分を特別な存在だと思い込んでいる)」「自己が不安定(自分に自信がない)」傾向が多いようです(参考:教えて!goo ウォッチ)。

そのため、いざ他人から責められると、反射的に「ほかの人よりも優れている自分が攻撃されるなんてあってはならない」とか「これ以上責められたら心が折れてしまう」と怒りという形で相手を攻撃してしまいます。

また、自分が怒れば妻が委縮し、何も言われなくなるとわかっている場合では、妻を黙らせたいために逆切れするケースもあり得るでしょう。

旦那が逆ギレした時の対処法

では、夫が逆ギレしたときはどうすればよいのでしょうか?

まず、逆ギレした夫と同じテンションで怒りをぶつけないことが必要です。あくまでも冷静に、淡々と浮気の証拠を並べて話し合いましょう。

同じテンションで怒りをぶつけあってしまうと、互いにどんどんヒートアップしてしまい、収拾がつかなくなることがあります。

逆ギレをした相手に、次のフレーズはNGです。かえって火に油を注いでしまうことがあります。

「あなたが悪いんでしょ!」
「逆ギレしないでよ!」

こういった言葉を言われると、相手は余計に怒り、自分は間違っていない・自分は浮気をしていないと主張してきます。また、

「疑ってごめんね……」
「怒らせちゃってごめん」

など、下手に出るのもNGです。これこそ相手の思うツボで、「わかればいいんだよ、わかれば」「俺も怒り過ぎた」などと浮気をうやむやにされてしまいます。

論点をずらして「謝り方が悪い」とか「俺を疑うなんてひどい」と今度は妻側が責められる可能性もあるので注意してください。

相手が逆ギレした際は努めて冷静に、淡々と「会話の主導権を握る」ようにしましょう。

「その問題はあとから話し合いましょう」
「私が今話しているのは〇〇についてです」
「あなたはそう言いますが、私は疑うだけの証拠があります」

など、会話の主導権を握って相手に渡さないことが大切です。

どうしても聞かない相手であれば、もう夫婦での話し合いは難しいので、離婚問題に注力する弁護士に相談し弁護士を通し浮気を認めさせましょう。

浮気を認めない旦那に離婚や慰謝料を請求できる?

話し合いで離婚や慰謝料を請求する場合、証拠がなくても請求は可能です。ただし、証拠がないと旦那は「そもそも浮気なんかしてないのに支払いする必要はない」と請求を一蹴するでしょう。

そのため、浮気を認めない旦那に慰謝料請求したいのであれば、肉体関係があったと証明できるような証拠は必須です。

すぐに認めさせたい気持ちも十分に理解できますが、慎重かつ計画的に進めていく必要があります。

旦那の浮気を認めさせる3つの方法

なかなか浮気を認めない夫に浮気を認めさせる3つの方法をお伝えします。

自分から話を切り出すのは勇気がいることですが、浮気は放っておいて良いことではありません。浮気は、された側の奥さんはもちろん、浮気相手も、夫自身も幸せにしません。

事態が泥沼化する前にしっかり浮気を認めさせ、きちんと償いをさせましょう。

①言い逃れできない浮気の証拠を集める

まず浮気を認めさせる上で大切なのが証拠です。言い逃れできないようにしっかり証拠を集め、外堀を埋めておきましょう。

浮気があったことを示す強い証拠となるのが、「肉体関係があったことがわかるもの」です。通話やLINE、メールの履歴でも、肉体関係があったことが読み取れない日常的な内容のものは、証拠として弱いと言わざるを得ません。

強力な証拠として使えるのは、次のものです。

①肉体関係があったことをうかがわせるLINEやメール・通話の履歴
②ラブホテルなどの領収書
③ホテルに出入りする写真
④性行為またはそれに近いものの写真・動画
⑤浮気相手が「浮気をしていた」ことを認めた録音や手紙

③の証拠は特に有効ですが、自分で手に入れるのは難しいため、証拠を手に入れたい場合は探偵に浮気調査を依頼しましょう。

浮気相手とのデート日が確実にわかっていれば、最短1日で浮気の証拠を獲得できる可能性があります。また、探偵であれば相手に悟られずに調査をするノウハウも持っているので安心です。

②弁護士から旦那に話をつけてもらう

弁護士から夫に話をしてもらう方法もあります。このとき大切なのは、浮気や不倫の問題が得意な弁護士に依頼することです。

多くの場合、弁護士が「法的にあなたの責任を追及しますよ」と連絡すると、途端に浮気の事実を認めます。

相手の逆ギレが怖い方や証拠はあるけれど自分から言い出せない方に特におすすめの方法です。

離婚問題が得意な弁護士の場合、決定的な証拠がなくても複数の証拠を組み合わせて浮気の事実を明らかにしてくれます。

その後の慰謝料請求や離婚調停も請け負ってもらうことができるので、旦那との離婚や慰謝料請求を考えているのであれば利用してみましょう。

③旦那ではなく浮気相手に浮気を認めてもらう

浮気相手がわかっているのなら、その相手に連絡をとり、浮気の事実を認めさせるという手もあります。

この場合、後日「認めた・認めない」の水掛け論や「脅迫されて無理に言わされた」と浮気相手に嘘をつかれるのを防ぐため、会話を録音しておきましょう。

勢いで相手を厳しく追及してしまいたくなりますが、ここはあくまでも冷静かつ穏やかにふるまってください。

浮気相手に自白として、いつ・どこで・誰と・何を・どれくらい行っていたのかをはっきり言ってもらうことが重要です。

またその際に、慰謝料や今後会わないような約束などを決めることになりますので、話し合い合意した内容は念書として文書に残しましょう

内容はできるだけ詳しく記載する必要がありますので、浮気相手に連絡する前に弁護士への相談をおすすめします。

まとめ|言い逃れできない証拠が欲しい人は探偵に依頼!

浮気はパートナーに対する重大な背信行為です。決して許されるものではありません。もし相手が浮気しているかもしれない、浮気の確かな証拠をつかみたいと思ったら、まずは探偵に依頼しましょう。

探偵は、浮気調査のプロです。確かな調査で、動かぬ証拠を見つけてくれます。証拠があることで話し合いがスムーズに進むことも少なくないので、夫の浮気に悩んでいる方はぜひ探偵を利用しましょう。

【あい探偵直通ダイアル】10時~20時(土日祝を除く) / 相談無料
電話アイコン 0120-321-256

探偵事務所が選べないあなたへ!

探偵探しのタントくんの画像 「探偵さがしのタントくん」では、あなたの目的・予算・スケジュールに合った探偵事務所を無料で紹介してくれます。 探偵費用は決して安くないので、絶対に失敗したくないですよね。だからこそ、事務所選びは慎重に。プロと一緒に選んでみましょう!
\ 24時間365日、無料相談OK! /

タントくんの無料相談窓口はこちら

浮気調査の依頼ができる探偵社を探す

-浮気調査

Copyright© 探偵サーチ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.