行動調査にかかる期間はどれぐらい?短期間で終わらせる方法

行動調査を依頼するとき、できるだけ早く結果を知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。

事前に、調査期間を知っておくことで、結果を待つストレスが和らぐでしょう。

行動調査にかかる期間は、1日~30日以上とさまざまです。短期間で調査が完了するほどに費用を抑えられます。

ここでは、行動調査にかかる期間短期間で終わらせるための準備について詳しくご紹介します。

行動調査にかかる期間を決める要因

行動調査にかかる期間はさまざまです。相談する前に、どの程度の期間がかかるのか予想しておきましょう。

行動調査にかかる期間は、次の要因によって決まります。

調査の目的

行動調査といっても、ターゲットの基本プロフィールや勤務先、家族構成、素行など調査内容はさまざまです。

調査の目的によっては調査期間が長くなります。また、どこまで調べるのかによっても調査期間は変わってくるでしょう。

例えば、ターゲットの交友関係や素行まで調査する場合は、数日にわたって尾行する必要があります。

【関連リンク:行動調査とは?主な目的と探偵に依頼するメリット・デメリット

調査の難易度

調査の難易度が高いと、時間をかけて慎重に調査を進めることが大切です。そのため、難易度が高い調査は、期間がどうしても長くなります。

普段から尾行に警戒していたり、ダミーの情報を依頼主に流したりするようなケースでは、調査の難易度が高まります。

調査日を絞り込める要素の有無

調査日を絞り込める情報を得ているかどうかで、調査期間が異なります。

調査日を絞り込めないと、ターゲットを尾行できる日がわからないため、数日にわたってターゲットを監視することになるでしょう。

実際に尾行するのは1日だけであっても、数日にわたる監視が必要になれば、それだけ調査期間が長くなります。

費用も高くなるため、予算が尽きて調査を諦めることになる可能性もあります。

予算

予算が少ない場合は、それだけ調査日数も短くなります

そのため、ターゲットの行動を事前に把握できなければ依頼は難しいでしょう。

勘で調査日程を決めると、費用だけがかかって何の成果も得られない可能性があります。

また、十分に予算があっても、調査日数はできるだけ最小限にとどめることが大切です。

後から追加で調査が必要になる場合もあるため、予算はできるだけ残しておいた方がいいでしょう。

探偵の質

探偵の調査力が低いと、十分な情報を提供しても調査に時間がかかります。

また、悪質な探偵だと、故意に調査日数を延ばして費用を多く請求するため注意しましょう。

依頼先を選ぶときは、探偵の質に注目が必要です。

行動調査の期間を延長するときの注意点

当初、予定していた調査期間では成果を得られなかった場合、延長をすすめられます。

行動調査の期間を延長するときは、次のポイントに注意しましょう。

追加料金の有無

調査日数が増えると、基本的には追加料金がかかります

ただし、成功報酬制の場合は追加料金がかからない場合があります。契約前に追加料金の有無を確認しておきましょう。

基本料金が安くても、追加料金は高い場合があるため、値段の安さを売りにしている探偵に依頼するときも事前の確認が必要です。

具体的な延長期間を決める

とりあえず延長するといった形では、そのまま成果が出ないまま無駄に長く調査してしまう恐れがあります。

1日単位で延長期間を決めることが大切です。1日延長するだけで、数万円の追加料金がかかることを覚えておきましょう。

延長の必要性を十分に考える

本当に調査を延長する必要があるのか十分に考えましょう

例えば、ターゲットの怪しい行動の理由を突き止めることが目的の場合、調査を延長したところで成果が出ない可能性があります。

そもそも、怪しい行動をしているように見えただけで、実際にはターゲットに不審な点がない場合もあるのです。

確実に悪事を働いているケースにおいても、延長したところで証拠をつかめない可能性があります

調査を終了して、次の機会を待つのも1つの方法です。

探偵の質を見極める

探偵の質が低いために成果を得られなかった場合には、他の探偵に切り替えた方がいいでしょう

行動調査にかかる期間を探偵に確認しておき、探偵から聞いた期間を過ぎるときは質を疑うことが大切です。

もちろん、調査では予期せぬトラブルがつきもののため、必ずしも探偵の質が低いとは言い切れません。

対応や説明の説得力なども踏まえて総合的に判断しましょう。

行動調査の期間を延長するときの確認事項

行動調査の期間を延長するときは、探偵に次の事項を確認しましょう。

調査員の人数の変更

調査員によって料金が変動するため、人数の変更があるかどうか確認が必要です。

増員をすすめられたときは、その理由を尋ねましょう。調査員の数を増やしたからといって、早く調査が終わるとは限りません。

延長期間を短縮するために調査員の数を増やした方がいいと言われた場合は注意しましょう。

具体的な追加料金

追加料金は、概算ではなく明確な金額を確認しましょう。思っている以上に追加料金が高くて、支払いに困る場合があります。

また、追加料金を十分に確認しないと、「簡単に騙せそう」と思われて、料金トラブルにあうリスクが高まるでしょう。

ただし、信頼できる探偵に依頼すれば、このような心配はありません。

また、信頼できる探偵は、依頼主が尋ねる前に具体的な追加料金を説明します。

追加料金の有無にあいまいな回答をする探偵は避けた方がいいでしょう。

【関連リンク:行動調査にかかる費用は?料金相場と費用を抑える方法

現在の調査状況

追加調査を打診された時点で、現在の調査状況を確認しましょう。

あまりにも調査が進んでいない場合は、他の探偵に切り替えることが大切です。

「あと少しで結果が出そう」など、あいまいな返事であった場合も、他の探偵に切り替えた方がいいでしょう。

適切に調査状況の説明ができる探偵であった場合に限り、追加調査を検討することをおすすめします。

行動調査を短期間で完了できる探偵の特徴

行動調査にかける費用を抑えたい場合は、短期間で調査を完了できる探偵を選びましょう。

次の要素がそろっている探偵は、調査力が高く適切な対応が期待できます。

実績が豊富

実績が豊富な探偵は、ターゲットが予期せぬ行動をとっても問題なく対応できます。

また、効率的に調査できるため、短期間で最大限の結果を出せるでしょう。

行動調査の目的はさまざまなため、あらゆる調査の実績が豊富な探偵に依頼することが大切です。

実績が豊富なうえに、テレビの取材協力をしている探偵であれば、信頼性も高いと言えます。

世間への知名度が高く、実績が豊富な探偵を選びましょう。

全国に支社があり連携がスムーズ

全国に支社がある探偵であれば、ターゲットや他府県へ移動しても、支社の探偵と連携して問題なく追跡できます。

また、飛行機で遠くへ出張に行く場合に足取りを追いたいときにも、支社の探偵が調査を引き継げるのです。

支社がない探偵に依頼すると、高額な出張費がかかったり、現地の探偵に委託されたりする恐れがあります。

どのような行動をとってもスムーズに調査ができる探偵を選びましょう。

調査員の人数を十分に確保できる

目的に応じて必要な調査員を動員できる探偵事務所を選びましょう。

調査員の数が少ないと、手分けして調査ができません。

また、ターゲットが予期せぬ行動をとったときに対応できず、見失うリスクが高まります。

調査日数が増えてしまう原因のため、十分な数の調査員を動員できる探偵事務所を選びましょう。

大手の探偵事務所であれば、調査員の数が多く、近隣の支社からの応援も期待できます。

【関連リンク:正しい探偵事務所の選び方|失敗するとお金だけ取られる

行動調査を短期間で終わらせるためのポイント

行動調査を短期間で終わらせるには、依頼側の事前準備がとても大切です。

行動調査を短期間で終わらせて費用を抑えたい方は、次のポイントを押さえましょう。

ある程度自分で調べておく

可能であれば、自分である程度調査しておき、探偵に依頼する項目を絞り込みましょう

調査項目が少ないほどに、調査期間が短くなります。ターゲットの勤務先や日ごろの行動であれば、ある程度自分でも調査できるでしょう。

ただし、調査に感づかれないように注意が必要です。

身近な人物がターゲットの場合は、顔を見られなくても調査に気づかれる恐れがあります。

調査に気づかれるとトラブルになるばかりか、尾行に警戒するようになることで、探偵に依頼しても結果がでなくなる恐れがあるでしょう。

目的に応じて必要な情報を十分に揃えておく

調査に必要な情報を十分に揃えておきましょう。準備物に不備があると、調査期間が長くなったり、失敗リスクが高くなったりします。

ターゲットの顔写真や勤務先の住所、友人の連絡先など、できるだけ多くの情報を用意しましょう。

また、可能な限りターゲットの行動スケジュールを把握することが大切です。

尾行しようにも、いつ外出するかわからなければ待機の時間が長くなるため、無駄な調査料金がかかってしまいます。

怪しい行動をとる日を絞り込む

怪しい行動をとる日を絞り込むことで、最短1日で調査が終わります。

一見、怪しい行動をとる日に規則性がないように思えても、メモに日付や曜日、天気などの情報を書き出すことで、規則性に気づく場合があります。

怪しい行動をとる日を3日ほどに絞り込めれば、短期間で調査が完了するでしょう。

また、結果が出なかったとしても、追加調査をするかどうか判断しやすいため、余計な費用がかかるのを防げます。

怪しい行動をとる日が限られている場合は、いったん調査を終了して、新たにターゲットの行動スケジュールを把握できた際に依頼することが大切です。

まとめ

行動調査を依頼するときは、事前に調査期間を確認しておきましょう。

また、調査を延長するときの追加料金の有無も事前に確認が必要です。

そもそも、調査を延長すべきかどうか十分に考えましょう。

質の高い探偵に依頼すれば、短期間で調査が完了するため、実績が豊富で信頼性が高い探偵への依頼をおすすめします。

【関連リンク:行動調査の具体的な方法|自分と探偵ではどう違う?

\ 行動調査のご相談受付中! /

原一探偵事務所の無料相談窓口はコチラ

-素行調査

Copyright© 探偵サーチ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.