行動調査のメリットは?調べられる内容と成功の秘訣

夫や妻、子ども、従業員など、行動調査の対象はさまざまです。また、行動調査を依頼すべきケースとしない方がいいケースがあります。

行動調査を依頼すべきケースであることを確認したうえで、調査を成功するためのポイントを押さえましょう。

ここでは、行動調査のメリットや調査内容、成功の秘訣について詳しくご紹介します。

【関連リンク:行動調査とは?主な目的と探偵に依頼するメリット・デメリット

原一探偵事務所に無料相談!
24時間相談可能・全国出張無料
電話アイコン 0120-353-755

行動調査のメリット

merit word on white keyboard

探偵に行動調査を依頼すれば、自分で調べるよりも高い確率で成果が出ます

実は、成果が出やすいことの他にも、さまざまなメリットがあります。探偵に行動調査を依頼するメリットを詳しくみていきましょう。

自分で調べるよりも失敗のリスクが低い

探偵による行動調査が自分で行う調査と比べて成功率が高いというのは、失敗のリスクが低いことを意味します。

行動調査の成功と言えば、調査の目的が達成されたときです。

不審な行動の原因がわかる、または何も問題がないことがわかったら、調査に成功したと言えます。

そして、行動調査の失敗と言えば、調査していることをターゲットに知られたり、証拠をつかめるはずがつかめなかったりしたときでしょう。

ターゲットに調査を知られると、二度と証拠をつかめなくなる可能性があります。

そのため、自分で調べるよりも失敗のリスクが低いことは、探偵に行動調査を依頼する大きなメリットと言えます。

事実を知ることで気持ちがスッキリする

行動調査で事実が発覚すれば、ターゲットと自分の間で大きなトラブルになる可能性があります。

その一方で、事実がわかったことによって気持ちがスッキリするでしょう。

怪しい行動があるものの、はっきりとした証拠をつかめない状態が長く続けば、大きなストレスが溜まります。

ターゲットとの関係が悪くなったり、仕事や家庭に支障をきたしたりする恐れもあるでしょう。

早めに行動調査を依頼すれば、それだけ精神的なストレスや生活への影響を抑えられます

大きな問題になる前に対策できる

行動調査の結果、ターゲットが重大な行動をとることがわかるケースがあります。

その前にターゲットを説得したり止めたりすることで、大きな問題を未然に防げるでしょう。

例えば、子どもが評判の悪いグループと関わっていることがわかれば、釘を刺すことで問題を起こすのを防げる可能性があります。

そのほか、従業員が小さな不正を働いていることがわかれば、大きな不正に手を出す前に然るべき処分を下せます。

想定外の事実が発覚する場合がある

行動調査の結果、想像もしていなかった事実が発覚する場合があります。

自分では突き止められなかった真実に到達する可能性もあるでしょう。

そのため、自分で行動調査をした結果、特に問題が見つからなかったとしても、探偵への依頼を検討することが大切です。

【関連リンク:行動調査の具体的な方法|自分と探偵ではどう違う?

行動調査を行った方がいいケース

それでは、行動調査を行った方がいいケースについて詳しくみていきましょう。

家庭内でのトラブル

配偶者が暴力的になったり、不倫している気がしたりしたときは、行動調査を依頼しましょう。

配偶者が暴力的になった理由が家庭内でのすれ違いが原因の可能性もありますが、何らかのトラブルに巻き込まれている場合もあります。

また、不倫しているために、配偶者への興味が薄れたことがきっかけになっているケースもあるでしょう。

このような、家庭内でのトラブルにおける行動調査をした方がいいケースを詳しくご紹介します。

夫の金遣いが荒くなった

夫の金遣いが急に荒くなった場合、何らかの手段で収入を得ている可能性があります。

尋ねても答えてくれない場合、やましいことがあるのかもしれません。

また、不倫相手にお金を使うことで、金遣いが荒くなっている場合もあるでしょう。

離れて暮らす子どもの生活が心配

大学へ進学と同時に一人暮らしを始めた子どもの生活交友関係などが心配なときは、行動調査を検討しましょう。

可能な範囲で子どもを尾行することで、交友関係や学校への登校状況、バイト先などの情報を入手できます。

子どもの口調や服装が急に変わった

子どもの口調や服装が急に変わった場合は、交友関係に問題があるかもしれません。

口調や服装が変わったからといって、すぐに問題が起こるわけではありませんが、いずれ大きな問題が起こる可能性があります。

そうなる前に原因を突き止めて、対処したいところでしょう。

妻が外出中に連絡がとれない

妻が外出するときは決まって連絡がとれないのであれば、行動調査をした方がいいでしょう。

不倫だけではなく、宗教やマルチ商法などにのめり込んでいる場合があります。

夫や妻が友人と出かけることが急に増えた

夫や妻が友人と出かける頻度が急に増えた場合は、実際には他の人物と会っている可能性があります。

「友人と出かける」という口実は都合がよく、疑われにくいため、隠したいことがあるときによく使われます。

【関連リンク:行動調査はどこに相談すべき?選び方と相談時に確認すべき項目

従業員

会社経営者が従業員の調査を依頼するケースは少なくありません。

問題のある従業員を放置すると、会社の評判を大きく落とす事態を招く恐れがあります。

次のような場合は従業員の行動調査を検討しましょう。

いつも同じ時間帯に連絡がとれない

従業員といつも同じ時間帯に連絡がとれない場合、問題行動を起こしていないか調査が必要です。

例えば、営業の外回りをしているはずの時間帯にパチンコやスロットを楽しんでいたり、公園のベンチで昼寝していたりするケースがあります。

報告や相談をしなくなった

報告、連絡、相談は社会人の基本です。最初は問題なく報告や相談をしていたのに、少しずつおろそかになってきた場合は、行動調査を検討しましょう。

重要な業務までおろそかになっている可能性があります。

また、報告や相談をしない従業員は、ミスを隠ぺいする恐れがあるため、後々に大きな問題が発覚することが懸念されます。

社内で悪い噂を耳にした

従業員の悪い噂を耳にした場合は、行動調査を依頼した方がいいでしょう。

例えば、「領収書を書きなおして浮いたお金を着服している」、「既婚者なのに新入社員とホテルに入るところを見た」といった噂を耳にした場合は、事実確認のためにも行動調査の依頼をおすすめします。

社用車の違法駐車で指摘を受けた

社用車の違法駐車で警察所から頻繁に電話がかかってきたり、周辺住民からクレームが入ったりしている場合は、本人にヒアリングしましょう。

路上駐車をしてパチンコ店に入ったり、友人と会ったりしている可能性があります。

証拠がない以上は深く追求できないため、行動調査を依頼することをおすすめします。

取引先からクレームがあった

取引先から従業員の態度や対応に関するクレームがあった場合、本人にヒアリングすることが大切です。

そのうえで、問題行動を他に起こしていないか行動調査で調べましょう。

他の取引先からクレームがなくても、実際には問題行動を起こしているケースがあります。

その他の行動調査

家族や従業員に関するトラブルのほかにも、次のようなケースに行動調査を依頼できます。

知人がお金を返してくれない

知人がお金を返してくれず、そのまま消息を絶った場合には、探偵に行動調査を依頼しましょう。

また、何かしら理由をつけて返済を先延ばしにするときも、行動調査を依頼することで本当に理由がわかります。

行動調査を依頼しても元を取れるぐらいの借金がある場合は、依頼を前向きに検討しましょう。

怪しい儲け話を持ちかけられた

友人や知人から怪しい儲け話を持ちかけられた場合、基本的に断ることが大切です。

しかし、本当に儲かる話の可能性もある場合は、行動調査を依頼した方がいいでしょう。

不特定多数の人に儲け話を持ちかけるケースの多くは詐欺です。ターゲットを尾行すれば、詐欺かどうかがわかる可能性があります。

ネットで知り合った人と金銭トラブルになった

ネットで知り合った人と金銭トラブルになった場合、金銭や賠償を請求しようにも住所がわからないケースがあります。

行動調査では、小さな手がかりから相手の住所を突き止めることが可能です。

ただし、状況次第では発信者情報開示請求などの手続きが必要になり、弁護士にも相談することになるでしょう。

行動調査の成功の秘訣

行動調査は必ず成功するわけではありません。次のポイントを押さえて、行動調査を依頼しましょう。

依頼前に調査したい内容をまとめておく

具体的に、何を目的に行動調査を依頼するのかまとめておきましょう。

「何となく怪しい雰囲気があるから」といった漠然とした目的でも問題ありませんが、できるだけ具体的な目標を定めた方が成功率が高まります。

調査日程を絞り込む

調査日程を絞り込むことで、最小限の費用で依頼できます。結果が出るまで調査を続ける方針では、1回の調査に多額の費用がかかるでしょう。

ターゲットの行動スケジュールを把握すれば、調査日程を1~2日に絞り込むことも可能です。

【関連リンク:行動調査にかかる期間はどれくらい?短期間で終わらせる方法

信頼性が高く実績豊富な探偵に依頼する

行動調査は、信頼性が高く実績豊富な探偵に依頼する必要があります。あらゆるパターンの依頼に対応できることが必須条件です。

また、全国に支社がある探偵事務所であれば、離れた地域で一人暮らしをしている子どもも現地の調査員と連携して問題なく調査してくれます。

できるだけ多くの情報を集めておく

行動調査に必要な情報をまとめておくことで、速やかに調査を始めてもらえます。

また、情報不足は調査完了期間が長くなる原因のため、十分に用意しておくことが大切です。

次のような情報を事前に用意しましょう。

・依頼の目的

・身長や体重

・身体的特徴

・写真(顔・全身など)

・車のナンバー

・勤務先情報

・近隣住民の連絡先

行動調査の内容によって必要な情報が異なります。

まとめ

行動調査を依頼することで、大きなトラブルが起こる前に対処できます。

探偵は、素人では行えないハイレベルな調査が可能なため、思っている以上に大きな成果を挙げるケースもあります。

家族や従業員など、どのようなターゲットでも調査できるため、気軽に相談してみましょう。

\ 行動調査のご相談受付中! /

原一探偵事務所の無料相談窓口はコチラ

-素行調査

Copyright© 探偵サーチ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.