旦那の浮気の証拠がなくても慰謝料請求する方法と自白させる方法

更新日:

明らかに旦那が浮気しているけれど、証拠がなく問い詰められない、浮気相手に慰謝料が請求できないといったこともあるでしょう。

浮気をしている確信があるのに、証拠が手に入らないから何もせずじっと我慢する、といったことは絶対避けたいですよね。

この記事では、なかなか旦那が浮気している証拠を手に入れられない人に向けて、証拠がなくても慰謝料請求する方法や、浮気を自白させる方法について解説します。

旦那の浮気の証拠がないと慰謝料請求は難しい

旦那の浮気の証拠がない場合には、慰謝料請求は原則できません

慰謝料請求の方法は大まかに、交渉裁判という2つの方法があります。

交渉の場合、浮気の証拠がないと、「気のせいだ」「そんな事実はない」といったようになんとでも言い逃れができてしまいます。

また、裁判で請求する場合には、浮気の証拠がない限り慰謝料の支払いを認めてもらえません。

言い逃れされないためにも、裁判で浮気の事実を認めてもらうためにも、浮気の証拠は必要不可欠なのです。

裁判で認められる浮気の証拠

そもそも、裁判で認めてもらえる浮気の証拠とは何でしょうか?それは、『肉体関係を持ったことが客観的に分かるもの』です。

ただ、肉体関係を持ったことが分かるというと、『性行為中の写真や動画』『ラブホテルに出入りする写真や動画』といったものをイメージするかもしれません。

しかし、決してそれらだけではありません。

次のようなものも浮気の証拠として認めてもらえる可能性がありますので、諦めずに探してみることが重要です。

【浮気の証拠として認めてもらえるもの】

  • 肉体関係を持ったことが分かる写真・動画(ラブホテルへの出入りが分かるもの)
  • 浮気を認める書面・録音
  • クレジットカード使用履歴・明細(ラブホテルの利用が分かるもの)
  • GPSの移動記録(ラブホテルへの滞在が分かるもの)
  • メール・LINE・SNSなど
  • 探偵の浮気調査報告書
  • 子供の血液型
  • 住民票
  • 妊娠・中絶がわかるもの
  • 友人や知人などの証言
  • 浮気がわかる日記や手帳の内容
  • 浮気相手からのプレゼント
  • 浮気相手へのプレゼントを購入した履歴・領収書
  • 浮気したことがわかるSNSの投稿
  • スイカ・パスモなどの利用履歴
  • ETCの利用履歴
  • 乗り換え検索サービスの履歴 など

【関連記事】

浮気の証拠になるもの10選|裁判でも使える証拠集めのポイント

ただし、これらのものがなかったとしても、慰謝料請求できる可能性があります。

浮気の証拠がなくても慰謝料請求が可能な場合がある

浮気の証拠がなかったら、パートナーや浮気相手に何の制裁もできないかといえば、そうでもありません。

なぜなら、裁判を通じなくとも、交渉して相手に応じてもらいさえすれば、慰謝料請求が可能だからです。

そのための方法は2つ。1つが『自白させる』、もう1つが『弁護士に依頼する』です。

交渉においては、相手が納得さえすれば慰謝料を支払ってもらえます。

つまり、証拠がなくても、自白させて浮気を認めさせることができれば、慰謝料請求が可能になるのです。

また、弁護士に依頼するのも有効な手段です。

明確な証拠がなかったとしても、弁護士が間に入って交渉し、『法的な責任を追及する』旨を伝えれば、自ら浮気の事実を謝罪し、慰謝料の支払いに応じるといったケースもあります。

仮に浮気を認めなかったとしても、通話履歴や家にいなかった時間などの小さな証拠を組み合わせて弁護士が浮気を問い詰めることで、浮気を認めるといったこともあります。

証拠がないけれどなんとかして慰謝料請求したいと考えている人は、1度弁護士に相談してみましょう。

以下のサイトは、男女問題に注力する弁護士を紹介しています。相談料無料の弁護士事務所も多数掲載していますので、参考にしてください。

【男女問題に特化した弁護士を探す】

離婚弁護士ナビ

浮気を自白させる簡単な方法

旦那がマメな性格で、どこをどう探しても証拠が見つからない場合には、なんとかして自白させるしかありません。

インターネットで検索すると、浮気を自白させる方法はたくさん紹介されていると思いますが、ここでは、筆者が試した中で最も効果的だったものを3ステップで紹介します。

step
1

浮気が疑われる日の行動を、朝起きたときから夜寝る時まで時系列で列挙してもらう

step
2

「本当に浮気していない?」といいながら相手の目を10秒見つめる

step
3

浮気が疑われる日の行動を、今度は寝た時から朝起きたときまで時系列を逆にして列挙してもらう

ただし、浮気を自白させるのにはデメリットもあります。

まず、証拠もないのに浮気を問い詰めてしまうと、相手との関係が大きく悪化します。もし、浮気の事実がなければ修復不可能になってしまう可能性もあるでしょう。

また、もし浮気していた場合には、浮気していることがバレないよう、浮気の回数が減ったり、もっと慎重に浮気するようになったりと、証拠を手に入れるのがより困難になるケースもあります。

浮気を自白させる場合には、この2つのデメリットがあることを十分に注意して行なうようにしてください。

浮気の証拠を手に入れたいなら探偵に相談を

もしも浮気の証拠を手に入れたいのであれば、探偵に相談してみましょう。

探偵は浮気調査のプロフェッショナルで、尾行や張り込み、聞き込みといった手法を通じて、パートナーが浮気しているかどうか調査してくれます。

探偵が作成する浮気調査報告書は裁判でも使える有力な証拠なので、浮気しているか確かめたい人だけでなく、慰謝料請求や離婚を検討している人にもおすすめです。

また、探偵事務所によっては、『夫婦カウンセラー』『離婚カウンセラー』といった資格を持つカウンセラーが在籍しているところもあります。

調査後、離婚したいのか、それとも夫婦関係をやり直したいのかによって、最適なアドバイスをくれますので、あなたが望む未来が手に入るまで親身にサポートをしてくれるでしょう。

探偵の料金は決して安くありませんが、現金一括払いだけでなく、クレジットカード払いや分割払いに対応してくれる探偵事務所もあります。

ほとんどの探偵事務所では見積もりまでは無料ですので、いろいろな事務所に見積もりをとって、信頼できる事務所に依頼してみてください。

まとめ

浮気の兆候が見られるにも関わらず、なかなか証拠が手に入らない場合には気持ちが落ち着かないかもしれません。

そういったときには、自白させてもよいですし、弁護士に依頼するといった方法もあります。

また、何が何でも証拠を手に入れたいといった場合には、探偵への相談を検討しましょう。

相談員に話をするだけで心が落ち着くといったこともあるはずですし、調査後にはカウンセラーのサポートを受けられることもあります。

多くの探偵事務所では、見積もりまでは無料です。複数社、できれば3社以上に見積もりを取って、信頼できる探偵事務所に依頼するようしましょう。

-浮気/不倫

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.