人探しを格安で依頼したい人へ|探偵の料金相場と安くするためのコツ

更新日:

なるべく格安で人探しをしてほしい…
一刻も早くも見つけたいけれど料金が気になる…

あなたは今このようなお悩みを抱えて、この記事にたどり着いたのではないでしょうか。

確かに、探偵に人探しを依頼するとそれなりの料金がかかりますが、格安で依頼するコツがないわけではありません。

ただし覚えておいていただきたいのは、安ければいいというものではなく、調査成功率を担保しつつ料金を抑えることが大切だということ。

今回の記事では、探偵に人探しを依頼したときの料金相場や、調査料金を格安に抑えるためのコツについて詳しくご説明します。

また、自力で人探しをする場合の方法や料金についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

人探しの探偵料金の相場は50~70万円

人探しの料金相場は、一般的に50~70万円といわれています。ただ、案件によっては100万円を超えることもあるので、ケースバイケースと考えた方がいいでしょう。

どのような調査をどのくらいの期間行うのかによって料金が変動しますので、詳しい料金を知りたい場合は探偵事務所に見積もりをもらうのが確実です。

人探しの3つの料金体系

探偵事務所の料金体系は大きく分けて3種類です。それぞれ簡単に解説しますので、どのタイプを選べばお得なのかを検討してみてください。

日にち計算型

1日いくら×何日間依頼するか、という計算方法をとる料金体系です。たとえば、1日10万円で1週間調査を依頼する場合は、10万円×7日=70万円の調査料金がかかります。

人探し期間が長期になると予想される場合はこの料金体系を選んだ方がトータルの金額は安く抑えられるでしょう。

時間計算型

1時間いくら×何時間依頼するか、という計算方法をとる料金体系です。探したい人の情報が多くあり、比較的すぐに見つけ出せるだろうという場合はこちらの料金体系を選んだ方が安く抑えられます。

ただし、他の料金体系より1時間あたりの値段が高めに設定されている場合も多いので、長丁場になる可能性がある場合はほかのプランを選んだ方がいいかもしれませんね。

完全成功報酬型

人探しが成功した場合に料金を支払う料金体系です。完全成功報酬型であれば、「調査の成功」がない限り料金を支払うことはありません。

ただ、成功報酬型は着手金を支払う場合がほとんどで、調査が失敗しても払い戻しが無いケースもあるので、依頼する際にしっかりと確認する必要があるでしょう。

また、「調査の成功」とはどのラインを指しているのか、あなたと探偵との間でしっかりと相互認識をすり合わせておかないと後々トラブルに発展することもあるので注意が必要です。

人探しを格安で探偵に依頼するためのコツ

探偵に格安で人探しをしてもらうためのコツについてご紹介します。難しいことは一切ないので、探偵に依頼する場合はぜひ実践してみてくださいね。

行方がわからなくなってからすぐに調査を依頼する

格安に抑えるためには、探したい人と最後に会ってから探偵に依頼するまでのスピードが肝になります。

行方がわからなくなってからすぐに調査を開始すれば、まだそれほど遠くには行っていないので発見できる確率が上がりますし、ターゲットの風貌もそこまで変わっていないので見つけやすくなります。

探したい人の情報をできるだけ多く集める

探偵がターゲットを探すときの手がかりは多いに越したことはありません。些細なことでも構わないので、できるだけ多くの情報を探偵に伝えるようにしましょう。

情報が多いほど探すあても多くなり早い段階で発見できますので、結果的に料金を格安に抑えることが可能です。

情報は正確に!


情報は多ければ多いほどよいですが、間違った情報を探偵に伝えても意味がありません。むしろ、間違った情報のせいで調査が難航してしまう恐れもあります。些細な情報でも伝えたほうがいいですが、できるだけ正しい情報を伝えるようにしましょう。

自力でも探す

探偵に人探しを丸投げにするのではなく、可能な限り自力で探すことで、新しい手がかりや情報を掴めることもあります。その情報を探偵に提供することで発見スピードを上げられるでしょう。

自力で探す方法

プロではないのでやれることに限りはありますが、下記の方法であれば自力でも人探しが可能です。

  • 心当たりのある場所を探してみる
  • 友人知人に連絡を取って確認する
  • ビラを撒く、ポスターを貼る
  • SNSで拡散して捜索を求める

特に最近ではSNSが発達しているので、人探しをしていることを拡散してもらえば、「〇〇付近で見かけたよ!」「似ている人を見たよ!」などと情報を得られることもあります。

こういった有力情報のおかけで発見できることも十分にあり得ますので、SNSは積極的に活用するといいでしょう。

また、原始的な方法にはなりますが、ビラやポスターなどを活用すれば見ず知らずの人にも探していることを知ってもらえるので、より発見しやすくなります。

自力で探す(ビラをまく)のにかかる料金

SNSで呼びかけるなどの方法はお金がかかりませんので、ここではビラの料金についてご紹介します。

ビラのデザイン料金 3万円程度
デザインされたビラの印刷料金(1,000枚分) 3~4万円程度
自分で作ったビラのコピー料金(1,000枚分) 1~5万円程度
ポスティング料金(1,000枚分) 1,000円程度

デザインからポスティングまですべて自分で行う場合は、デザイン料とポスティング料がかからないので、モノクロコピーであれば10,000円程度、カラーコピーでも50,000円程度で可能でしょう。

デザインからポスティングまですべて業者に任せる場合は、60,000円~70,000円程度かかります。

やたらと格安な探偵は要注意!である理由

人探しの料金を格安に抑えたい方は、インターネットの検索で出てくる「格安探偵!」「人探しを格安で引き受けます!」などの広告に目が行ってしまうかもしれません。

しかし、やたらと安い料金で依頼を受けている探偵事務所には注意してください。その理由を最後にご説明します。

追加料金を取られる可能性があるから

まず一つ目の理由は、追加料金を取られて結果的に割高になってしまう可能性があるからです。

最初に提示される料金は確かに格安なのですが、その後、見つからないという理由からどんどんと追加調査をされて追加料金を請求してくるパターンが考えられます。

調査の成功率が低い可能性があるから

いくら人探しの料金が格安でも、目的である「行方不明の人を探し出す」ということができなければ意味がありませんよね?

料金を安く抑える=調査員(人件費)を削るなどの理由から調査の成功率が低くなる可能性がありますので、なぜその探偵事務所が安く人探しの依頼を受けられるのかを依頼前にしっかりと見極めてください。

関連記事

まとめ

「人探しはしたいけれど、格安でお願いしたい」という気持ちはもっともだと思います。今回お伝えした料金を格安に抑えるコツを実践していただき、できるだけ安く、そして早く発見することにつなげていただければ幸いです。

なお、誇大広告で格安ばかりを謳う悪徳探偵に依頼することだけはくれぐれも避けるようにしてくださいね。

人探し調査の依頼は原一探偵事務所がおすすめ

無料相談はこちらから

-人探し

Copyright© 探偵サーチ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.